文庫と映画

2009.10.22

少し前の出来事
「シネテリエ天神」が「天神シネマ」
と名を変えて上映作品を成人映画に限ることを決めた。
芸術性の高い作品を上映してきたが、シネマコンプレックスの台頭や
不況の影響で観客が減少していた。とは言う物の映画が好きで通った場所 
時代の流れとはいえやはり寂しさを覚える。

仕事を始め忙しいながらも自分自身の事が少し考えられるようになった。
しなければいけない事は山積みだが少し時間があると本を読む。
基本的に文庫 そしてできれば長編 内容はその時の気分だがほとんど
明るい感じではない 気に入った物語は何度でも読める
そしてさらに時間があれば映画を観る(観たい)
ここ最近は「しんぼる」「私に中のあなた」を観る
「私の中のあなた」に関しては久しぶりに映画館で泣いてしまった。
監督 ニック・カサベテス とのこともあり観に行った映画だ。
前はゾエ・カサベテスの事を書いたのでなんだか、カサベテスファミリー
のファンのようだがそうではない(私はトリュフォー派だ)
トリュフォーといえば数日前なにげなく手に取った本「すべては映画のために」 
アルノー・デプレシャン発言集を見る。2006年出版 今は何年だ?と自分に
問いかけながらページをめくる。アルノー・デプレシャンは好きな監督だ。
その本のなかにトリュフォーの「華氏451」という映画について書かれていた
文章が面白く印象に残った。この「華氏451」と映画 個人的には大好きな
映画だ。ただあまり有名ではない 賛否両論なのだ。

その世界ではすべてテレビからの情報でしか知識を得ることが出来ず
本を読むことはおろか所持することも一切禁止。
もし本を所持していることが見つかると消防士が駆けつけて全ての本は没収され
焼かれてしまう。消防隊の役目は火を消すことではなく本を集めて焼く事になってる。
つまり”消防”隊ではなく、”焚書”隊なのである。
ある女性と知り合い彼女との交友を通じてそれまでの自分に疑問を感じ始めた。
仕事の現場で拾った数々の本を読み始め、社会への疑問が高まっていく。
本の魅力に取り付かれてしまう彼の運命は・・

この映画はトリュフォーの「書物への愛」を感じる
ラストシーン「書物人間」達が雪の舞う湖水のほとりを行き戻り歩く
シーンはとても美しい。

時代の流れでなくなるものもあるのは仕方がないことだが
やはり伝え、繋いでいかなければいけない事もある。
「華氏451」は決して絵空事ではないのかもしれない。

share patina

展示会終了

2009.10.14

展示会終了しました。
終わってみるとあっという間の出来事のようでした。
初めてということもあり試行錯誤でしたが、新たな出会いもあり
これからも頑張らねばという思いです。

最終日も多くの友人や、丁度VIOROで出版記念イベントに来られていた
プチグラのIさんもわざわざお忙しい中お越し頂き本当にありがとうございました。

主人の友人のNさんから差し入れを頂く。
随分前にOさんのBLOGで拝見して以来、気になっていたワインだ。
ラベルはそうフランスのイラストレーター モーリス シネのイラスト。
スタインバーグに影響されてイラストレーターになった彼の作品を
クリニャンクールの奥にある巨大な古本屋や、ブキニストで探してたことが
今となっては懐かしい。
飲むのがもったいないですが、展示会のお疲れ記念にということで乾杯といきます。

そしてPATINAでお取り扱いさせて頂いている作家の皆様
albus trene のスタッフの皆様、おかげで良い展示会ができたと
思っております。本当にありがとうございました。

share patina

展示会 最終日

2009.10.11

展示会も明日11日までとなりました。
お時間がある方は是非お越し下さい。

share patina

kandem Nr.1115

2009.10.08

ものの美しさとなんでしょうか?
捉え方は人によって異なります。
そして生活環境や他者からの影響も多くあるでしょう。
造形美 はたまた機能美 
どちらも正解でしょう。

ただし、見た目と機能は必ず=ではありません。
造形美が綺麗な物程もしかすると機能的ではないというケースが 多くあります。
ただし、機能的でなく造形美に惹かれそれを眺めるという行為だけで
人は幸せになることが出来ると思います。
その両方を兼ね備えたものが更に人に幸せを与える事が出来るのでしょう。
KANDEM社のランプはどちらも兼ね備えています。
BAUHAUSの金属技師であったMarianne Brandtが独立し、数多くデザインした
ランプの中でもなかなか手に入れる事は出来ないモデルです。
ベークライトで出来たシェードから光が溢れます。
50年以上経過しているものとは思えないくらいその灯りを眺めるだけで幸せです。

正直な気持 お嫁にだすにはもったいなさすぎます。
展示会でも販売していますので、是非実物をご覧下さい。

ご興味がある方はお問い合わせ下さい。info@patina-fk.com sold out

share patina

LINES&SHAPES

2009.10.05

PATINAのDM そして名刺も活版印刷で作っています。
LINES&SHAPESのマリアはポートランドで写真家
そして活版印刷のアーティストとして活躍しています。
今回マリアの活版のDMに手書きでTHANK YOUと短い言葉ながらうれしく感じます。
海を越えてもありがとうという言葉はいい響きです。
そしてレナはNYでテキスタイルデザイナーとして活躍しています。
北欧さながらのテキスタイルはかわいらしくもありセンスを感じることができます。
そんな二人は別々の場所で生活しながらLINES&SHAPESを作り出しています。
彼女たちが興味があるアーティストをエディトした作品は、アメリカ国内に限らず
北欧やイギリスのアーティストなど様々です。
最近では偶然に本屋で見かけいい写真だと思い手に取ったA Year of Morningsも
マリアの写真集だったり、友人のお店biotopeで扱ってるフィンランドの
グラフィックデザイナーのHanna Konolaも取り上げられていたりと
PATINAと形は違えどスタンスが近くシンパシーを感じています。
そして彼女たちの作品は今のリアルな空気感を味わうことができなんだか
幸せな気持ちになってくるのです。

LINES&SHAPES 入荷しています。
1号~8号まで  各2415円

share patina

ライブ

2009.10.05

心待ちにしていたlemのライブ
久しぶりに目の前で聞かせていただき感激でした。
なんともいえない心地よさでいっぱいになりました。

かけつけてくれた友人達、初めてお会いした方々と
同じ空間で空気感を共有でき、素敵な時間を過ごさせて頂きました。
お忙しい中、足をはこんでくださった皆様
本当にありがとうございました。

展示会は11日まで行っております。
是非 albus写真ラボギャラリーまでお越し下さい。

share patina

note

Recent Entry Monthly Archive
Our Friends Follow Patina

Page Top