ロンドンから舘林香織さんの器が届きました。

2011.09.13





待ちに待った舘林香織さんの器たちがイギリスから届きました。
オーダー頂いていたお客様も大変お待たせ致しました!

丁寧に梱包された器たち、1点1点取り出しながら、舘林さんの人柄を感じ
わくわくしながら様々な表情の器たちをPATINAでご案内できる喜びを感じています。
舘林さんのディリーウェアは、とても表情が豊かです。
板作りという独自の手法を用いて制作され、イギリスでは難しい赤土に
白化粧した粉引きを再現しています。
そして今回は、シルクスクリーンでローズの柄を付けたプレートも入荷しています。
こちらも凄く魅力的で美しい器です。
少し前になりますが、舘林さんがわざわざPATINAに来てくださいました。
本当に笑顔が素敵で人間的にも魅力的な方。
イギリスに渡り試行錯誤しながら作品を作り上げる過程など
大変だった経験があるからこそ、素晴らしい作品が出来るのだと思います。
是非、舘林さんの作品を手に取って感じて頂ければと思っています。

*以前openersでもご紹介頂いておりますので是非拝見されてください。

share patina

舘林香織さんの器が届きました。

2011.09.10

舘林香織

今週は久しぶりの東京出張に行ってきました。
相変わらずな方向音痴で池袋に着いたとたんに逆方向に進んでしまったりと
大変でしたが、なんとか会場に到着。
お世話になっている方や、お久しぶりにお会いした方。
お忙しい中、沢山の方とお会いしてお話させて頂き、楽しい時間を過ごす
事ができました。皆様ほんとうにお世話になりました!
そして夜は友人宅でごちそうになり、次の日も暑い日でしたが広い地下鉄を
乗り継ぎ、最後は青山方面で友人と待ち合わせ遅いランチを食べて東京を
後にしました。あっという間でしたが充実した時間を過ごす事ができました。
そして福岡に戻ると、ロンドンから舘林香織さんの器が入荷していました。
やはり絶妙な存在感で美しい器です。
webshopにもアップしていきますので、ご覧になってくださいね。
そして昨日は、東京からお会いしたかった方が来店して下さいました。
絶妙なタイミングで今回お会いする事ができ、初めてお会いしたのですが
とても楽しくお話させて頂きました。
来年、また楽しいイベントができそうです!
時期が来たら詳しくご紹介させて頂きますので楽しみにお待ちください。

*今月、18日はお休みさせていただきます。
 尚、日曜日の営業時間が13時から17時となります。
 宜しくお願い致します。

share patina

シャルロット・ペリアン

2011.09.06

神奈川県立近代美術館 鎌倉では10月22日~来年の1月9日まで
シャルロット・ペリアン展が開催されます。
開館60周年、シャルロット・ペリアンと日本。
ペリアンの側面がどのように見える展覧会になっているかとても楽しみですね。
パリ時代、共にコルビジェの事務所で苦楽をともにした
前川國男設計による、福岡市美術館にも巡回することを望みたいものです。

そのペリアンがスキーリゾート施設の設計に携わった際、制作したスツールが
入荷しています。
何気なく見えるデザインですが、なんともいえない存在感が魅力的です。

*9月7日、8日は出張のため、お休みさせて頂きます。

share patina

YURI PARK カシミヤストール

2011.09.01



9月になりましたね。
まだまだ暑い日が続いていますが、朝方や夕方など少し空が秋色になってきました。
少しづつ、秋冬物も入荷しております。
YURI PARK arti giano カシミヤのストール。
arti giano とは「職人の手による」をあらわす言葉。
「手横編機」を使って編み上げるこのコレクションはイタリアの伝統に培われた技術
を背景に縫製の美しさ手作業からうまれる風合いやぬくもりを大切にしている職人の
手による限定生産のコレクションです。
100% CASHMERE のストール。
是非、手に取って素材感を、ぬくもりを感じて下さい!

*他にも、ウール、カシミヤのニットなど、様々なタイプの商品が
 入荷します。ブログでも紹介していきますので、お楽しみに!

share patina

A Lines&Shapes book

2011.08.19


久しぶりにLINES&SHAPESからアートブックが届きました。LINES&SHAPESは、NYはブルックリンを拠点に、写真家でありながら
アートディレクターとして活躍するマリアと、テキスタイルデザイナーとして活躍するレナによって作られているパーソナルでセンスいい良質な出版レーベルです。彼女達の興味のあるアーティストをエディトした作品は、アメリカ国内に限らず北欧やイギリスのアーティストなど様々です。

BROOKLYN DIARYは、彼女達の身の回りにあるブルックリンのお店を紹介したり、マリアの友人のライフスタイルも掲載された楽しい内容です。
ただし、BROOKLYN DIARYは残念ながら廃盤。
ストックに会った1冊のみ、お裾分けしてもらったので早い者勝ち状態です(笑)その他、どのタイトも眺めるだけでも充分なくらい素敵すぎます。
出版数が多くない為、出会ったときが手に入れ時ですね。
いい意味で、力が抜けた編集は今の空気感にピッタリなのではと改めて思うのです。

*A Lines&Shapes book 各シリーズ入荷しています。 近日中にwebにもアップします。 

share patina

お盆休み

2011.08.17



お盆休みは主人の実家、長崎へ。
実家は島原寄りなのですが、せっかくなので長崎市内に少し寄り道。
一年前にも食べにきた「朋楽」海鮮のスープが絶品。
その後、出島のList:さんへ。なんともいい雰囲気で、しばしおしゃべり。
時間はなかったものの、次は dico appartement さんへ。
映画館が入っている古いビルの4F、どきどきしながら扉を開け中に入ると
なんとも心地の良い空間。目に飛び込んできた「トリュフォーの思春期」
の大判なポスター。その時点で心を奪われてしまいました。
映画館の上にこんな心地の良い場所があれば、近くだったらかなりの頻度で
通ってしまいそうです。いや、きっと通うでしょう。
その後は車で2時間くらいでしょうか実家へ。
着いた日は、とても晴れて、気持ちが良い日だったのですが、次の日から
激しい雨、豪雨といっていいくらいの雨。
夜の花火を心待ちにしていた娘はがっかりでしたが、おばあちゃんに
浮き輪とか甚平とか買ってもらってご機嫌。おまけに浴衣まで。
たくさん買ってもらって、従兄弟の子供と大はしゃぎ。
大人たちは隙をみて昼寝。慌ただしいお盆休みとなりました。

share patina

note

Recent Entry Monthly Archive
Our Friends Follow Patina

Page Top