CAHIERS DU CINEMA

2013.02.02

CAHIERS DU CINEMA
先日久しぶりに映画を観に行きました。
福岡のKBCシネマで行われていた、「カイエ・デュ・シネマ週間」
最新のフランス映画をセレクトし紹介する「カイエ・デュ・シネマ週間」は2013年で16回目を迎えるそうです。
今回は、東京での開催後、はじめて、福岡、京都でも開催されています。
全5本、一作品づつ上映されていました。19時からの上映なので通常ではなかなか観に行けない時間帯なのですが
1日だけ行く事ができました。

見に行けた映画は「メゾン、ある娼館の記憶」2011年 監督ベルトラン・ボネロ
20世紀初頭、パリの高級娼館では、毎夜女たちが美しく着飾り、男たちの欲望を満たす。
客の男に騙され、顔に傷を負ったマドレーヌ、常客に恋をしているジュリー、若いときから
娼館で働き 先の見えないレア、華やかな世界に憧れてやってきた16歳のポーリーン。
そして彼女たちを手放さない家主マリー・フランス。

映画は美しい映像で物語はゆっくりと進んでいきます。
閉ざされた世界で渦巻く孤独、苦悩、不安、痛み。
美しい女性たちが、艶やかな衣装を身に纏い、華やかな世界。
昼間の疲れ果てた姿と、夜の気だるい雰囲気で哀しく、美しく輝いている姿。
そして、娼館がなくなった時代の彼女たちを暗示するかのようなラストシーン。
いつの時代も女性たちは強く、そして哀しい。
哀しく切ない気持ちになりながらも、魅惑的な映像に引きつけらた映画でした。

この日、偶然にもカイエ・デュ・シネマ誌の編集長が来られていてトークショーが開催されていました。
今回この5本の映画のセレクトについての共通点。
閉じてある空間に人々が集まるストーリー、過去へのノスタルジー、そして死。
この「メゾン、ある娼館の記憶」の映画に出てくる男性(客)はほとんどが映画監督やプロデューサーよって演じられている。監督ベルトラン・ボネロ自身も映画に出演しているという事。
いろいろな貴重な話を聞く事ができました。

もちろん観たい映画があって映画館へと行くのですが、閉鎖的な空間で映画を観るという行為そのものが
私にとって重要なんだと(DVDでは味わえない感じ)改めて感じされられた映画でした。
2月からも気になる映画がたくさんあります。フィンランド映画祭もとても気になります。
そしてそして、今は ジョン・カサヴェテスも始まっていますよ。
映画館で観れるなんて、、観に行きたいけれど、この時間帯は完全に厳しい。。。行ける方はぜひ。

share patina

Jane Muir 開催中です。

2013.01.31

Jane Muir
Jane Muir
Jane Muir
Jane Muir
Jane Muirの企画展、まだまだ開催中です。
iittie men や iittie iady の他にも mushroom house bird なども展示販売しております。
2月3日(日)まで開催しておりますので、是非店頭でご覧下さい!

share patina

St.JOHN

2013.01.26

St.JOHN
St.JOHN
St.JOHN
小さなイギリス展もこっそりと開催しています。
こちらはSt.JOHNのエコバック。
St Johnは Smithfield Market の脇にあった薫製所を改装して1994年にオープンした老舗なレストラン。
伝統的イギリス料理をモダンに食べれるレストランです。
この店のシンボル、豚のマークが素敵なまちつきのエコバック。
そして、紅茶も入荷しておりますよ。
数が少ないので気になる方はお早めにどうぞ!

share patina

jane muir

2013.01.24

jane muir
jane muir exhibition 先週末から始まっております。
週末は沢山の方に来て頂きありがとうございました!
little men と little lady の愛らしい作品も、もちろんおすすめですが
今回はジェーンが来日した際、日本でインスピレーションを受けて製作したキノコシリーズも見て頂きたいです。
是非、店頭でご覧になって下さいね。

そしてJOURNALページが更新されました!
このページは素敵なお店や大切な友人たちとのコミュニティーを大事にしながら、
PATINAで取り扱っている商品に新しい側面や魅力を伝えて行くページです。
今回のJOURNAL vol.2 は「Objectsがある風景」と題しまして、現在展示中のjane muirの作品を
ある方のお宅で撮影させて頂きました。

是非ご覧になってください!

JOURNALページへ

share patina

Jane Muir Exhibition Funny Objects

2013.01.15

Jane Muir
jane muir
今週末からのイベントのお知らせです。
皆様よろしくお願いします!
そして、PATINAは薬院にオープンして本日で2周年を迎えました。
ご来店頂いたお客様や、支えてくれた周りの人たちに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!
今年も、いろいろな方に支えられ、楽しみな個展なども予定しております。
随時ご紹介させて頂きますので、楽しみにお待ちくださいね。

3年目のPATINAも皆様どうぞ、宜しくお願い致します。

*1月16日(水)は定休日です。1月17日(木)は設営のためお休みさせて頂きます。

share patina

apartamento#10

2013.01.10

apartamento#10
少し遅くなりましたが、apartamento#10が入荷しております。
apartmentoの発売は私も毎号楽しみにしていますが、気がつけばもう10号目なんですね。世界の様々な国のクリエーターの居住空間を紹介しインテリアを通して彼らのライフスタイルを気取らず今の空気で紹介しているのがやっぱりいいです。そしてこの本を眺めるたびに様々な国の価値観やライフスタイルって違うんだな〜と考えさせられます。同じじゃないってことがいいなと思います。さて今号の表紙を飾るのは、ジム・ウォルロッド。マーク・ゴンザレスから譲り受けたというチャイナタウンのアパートはポストモダンなアイテムが同居し、金物屋店内を通り抜けないと辿り着けない不思議物で、古き良きNYの混沌と洗練がひっそり同居する部屋を訪ねます。そして80年代、バルセロナの家庭には彼女の本が必ず一冊はあったと言われるドローイング作家オーロラ・アルティセント。繊細な線で緻密に描かれるバルセロナの風景(一つのドローイングに4-12週間かかるそう)は、引き込まれるような魅力にみちています。 そして日本でのファンも多いリサ・ラーソンもアトリエでの風景など14Pも掲載されています。その他エレン・フライスやアイ・ウェイウェイのエッセイなども。ガラクタや自由なウォールペイント、そして手頃なアンティーク等をセンスよく配置した部屋たちがいっぱいです。

眺めるだけでも、とにかく楽しい本なのです。

PATINA webshop

share patina

note

Recent Entry Monthly Archive
Our Friends Follow Patina

Page Top