Something To Believe In

2013.08.27

Something To Believe In
Something To Believe In
Something To Believe In
Something To Believe In
先週の土曜日から始まりました、「Something To Believe In」24日は東京から平野さんをお迎えしてレセプションを行いました。あいにくの雨でしたが、沢山の方に来て頂きましてありがとうございました。やはりご本人に作品のお話など直接聞けるのは楽しいですね。今回の作品1枚1枚には、撮影した場所や、その写真のイメージを平野さんがインスピレーションで選んだ、曲の題名や歌詞などがペイントされています。アーティストのイラストもありますので、自分なりに考えてみるのも楽しいのではないでしょうか。(音楽好きの方は特に)曲名や歌詞の意味なども私がだいたい聞いておりますので、店内でゆっくりと見て頂きながら気になる作品がありましたら、お声をおかけ下さいね。そうそう、自分が知っているアーティストの名前など出てくると嬉しいものですよ。そして、今回DMに使わせて頂いた作品のトートバックを制作しました。CULTAの金澤さんにご協力頂き、素敵なバックができています。生地の厚さの違う2種類のバック。是非店頭にてお確かめ下さい。そしてこのバックをお買い上げのお客さまに、平野さんが作ってきてくださったCDをプレゼントします!数に限りがありますので、お早めにどうぞ!

share patina

my cup of tea

2013.08.21

my cup of tea
my cup of tea
my cup of tea
『Something To Believe In』Masatoo Hirano Exhibition 24日(土)から始まります。
24日は、東京から平野さんをお迎えしてオープニングレセプションを行います。
当日は、ロンドンのバーモンジー通りのフードマーケットに週末だけオープンするお茶専門店「my cup of tea」のフレッシュな紅茶を淹れて待ちしております。 到着した荷物を開けると、すごくよい香りが漂っています! まずは個人的に、ひとつひとつ丁寧に手で包まれたオーガニックティーを堪能しています。本当はホットティーを楽しみたいところですが、こんな猛暑日はアイスティーで!
オープニングレセプション 8月24日(土) 14:00〜19:00  
まだまだ暑い日が続いておりますが、是非お誘い合わせの上いらっしゃってくださいね。

*8月22日(木)23日(金)は設営のため、お休みさせて頂きます。

share patina

difott

2013.08.13

difott
difott
difottから新しい、初のショルダーバックが入荷しています!ワッシャー加工(シワ加工)を施した少しだけ薄目の帆布です。(でもしっかりと、丈夫です)あらかじめ生地に細かいシワが生じているため、新品の状態でも柔らかい馴染みやすいといった印象です。その生地の柔かさを生かすためにマチのないフラットなデザイン。マチがない分、縦方向のサイズもたっぷりに設計されています。口元には、テープを巻き金属ファスナーを取り付けています。シンプルなデザインの中にアクセントになると共に、荷物が見えたり、こぼれたりする事をしっかりと防ぐ実用的な役割もあります。男性、女性どちらが使ってもいい大きさですので是非ご覧になってください!

WEBSHOPにもアップしています。
SIZE:横幅41センチ×高さ38センチ 紐入れての高さ 約78センチ 
PRICE:6950円

*8月14日、15日はお休みさせて頂きます。

share patina

『Something To Believe In』Masatoo Hirano Exhibition

2013.08.09

『Something To Believe In』Masatoo Hirano Exhibition

Something To Believe In Masatoo Hirano Exhibition
8/24(土)~9/10(火) 11:00~18:00 @PATINA

drwng(ドローイング)名義でフォトグラファー、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして、雑誌やアパレル等の分野を中心に活動しながら作家活動を行う平野暢達(MASATOO HIRANO)さんの個展を開催します!平野さんは音楽好きが高じて2007年から2008年までロンドンで生活をしながらライブへ通い、写真を撮り続けると同時に音楽誌『クッキーシーン』での連載取材や『BARFOUT!』での写真撮影なども手がけながら、個人的なプロジェクトとしてライブなどの写真を撮り続けています。原宿のKit galleryで個展開催後、2011年頃から本格的に作家活動もスタートし、最近ではイーストロンドンを拠点に活動するレタープレススタジオ『A TWO PIPE PROBLEM LETTERPRESS』の日本初個展OLD LETTERS FROM LONDONにて作品を提供。イラストレーションでは、Two Italian Boysの2013年秋冬コレクション用のイラストレーションを提供し、PITTI UOMOやBREAD&BUTTERでのコレクションで発表。また『POPEYE』カレーと本特集でのマップのイラストレーションや、J&Goodman House by DRWINGとして渋谷ヒカリエにてポップアップストアを出店するなど活動の場が広がっています。

今回PATINAの個展の為に新しく制作して頂いた作品を中心に展示販売致します。
また、平野さんが手がけるオリジナルのTシャツやトートバッグ、そして個展の為に制作したオリジナルのエコバッグも限定で販売します。是非多くの方に平野さんの作品をご覧頂きたいです!

Opening Reception
8/24(土) 14:00〜19:00
24日は東京から平野さんをお迎えしてオープニングレセプションを行います。ロンドンのバーモンジー通りのフードマーケットに週末だけオープンするお茶専門店「my cup of tea」の紅茶をご用意していますので、平野さんセレクトの音楽と作品を楽しんで頂ければと思っております。
是非お誘い合わせの上、お気軽にご参加下さい。

share patina

summer vacation

2013.08.02

丸亀
MIMOKA
直島
豊島
豊島
豊島美術館
暑い日が続いていますね。
つい先日少し早い夏休みをもらって瀬戸内に行ってきました。現在は瀬戸内国際芸術祭2013が開催されています。少ない時間でしたので、さすがに犬島や小豆島などは回れませんでしたが、約5年ぶりに行く猪熊弦一郎現代美術館(MIMOKA)や直島そして初の豊島楽しく訪れることができました。MIMOKAでは、猪熊さんのコレクションに加え「大竹伸朗展 ニューニュー」が開催されていて大竹ワールドにやられました!観賞後、娘とお揃いのニューシャネルTシャツを購入しましたので、週末PATINAにお越しの際はお揃いのTシャツでお出迎えをすることがあるかもです(笑)。その後は高松へ移動&散策しながら、くつわ堂でカキ氷を食べたり、まちのシューレなどで地元の食材などを購入したり楽しく散策。翌日は、朝は城の目でモーニング後、香川県庁や中央公園でイサムノグチの作品や、丹下健三の建築を訪れてからフェリーで移動。直島では地中美術館、李禹煥美術館、 ベネッセハウス ミュージアム、家プロジェクトとバスで移動しながら回りました。個人的には地中美術館が印象に残りました。ジェームズ タレルの『オープン フィールド』は娘と二人で大興奮でした!しかし暑い日だったのでヘトヘトになりながら豊島です。豊島では CASEREAL二俣さん設計の海のレストランに行くことも目的のひとつでした。舟から降りて少し歩かなければいけないのが大変ですが、たどり着いたときにはほんとに来てよかったと思えた場所でした。直島も豊島も自転車レンタルなどがあって便利なのですが、我が家は娘がいるので自転車移動は残念ながら無理なので歩きながらの移動です。作品を見つつ、バスで豊島美術館へ。ここは本当に美しかった。小高い丘に建設されているので眺めも美しく海も輝いてみえました。美術館に入るまでも自然の美しさを堪能し、この先の美術館の中はどうなっているのだろう?とわくわくさせられました。美術館に入り、何とも言えない開放感と自然の光、そして静かに移動する水滴。水滴はゆっくりと移動し、形を変え、いくつもの水滴があつまり水たまりになる。まるで生きているかのように移動する水滴に娘も目が釘付け。仰向けになってゴロンと寝てみると自然の音、風、光、全てが美しく忘れられない時間となりました。その日はそのまま福岡に戻らなくてはいけなかったので、後ろ髪をひかれつつ後にしました。とにかく暑い日ばかりでしたが行って良かったーと思える時間を過ごさせて頂きました。我が家の夏の旅行は終わってしまいすっかり現実ですが、皆様たのしい夏休みをお過ごしくださいね。

share patina

三笘修さんの器

2013.07.23

三笘修
少し前になりますが、三笘修さんの器が再入荷しております。
何度見ても美しい器。使用感も抜群です。
最近は、ヨーロッパやアジアからのお問い合わせやご注文も。
ありがたいですね。
すでに売り切れた作品もありますが、ぜひご覧になって頂きたいです。

*24日(水)25(木)26(金)は少し早い夏休みを頂いております。
 ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

share patina

note

Recent Entry Monthly Archive
Our Friends Follow Patina

Page Top