Sashiki 麦わら帽子展

2011.05.16

夏の麦わら帽子展

「Sashiki」麦わら帽子の受注会のお知らせです。
福岡では初めてとなります「Sashiki」夏の麦わら帽子展を行います。
数種類の麦わら帽子、お好きなリボンを選びカスタムオーダーで
自分だけの帽子をお作り頂けます。
メンズ、お子様サイズの麦わら帽もご用意しております。
期間中はサシキさんも在廊されていますので、サイズ、リボンなど
相談しながら自分だけの帽子をオーダーして頂けますよ。

*期間 5月20日~5月24日
 時間 11時~18時 21日(土曜)日曜(22日) 11時~19時

是非、この機会にお好きな帽子を作られて下さいね。
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

Sashiki
茅ヶ崎のアトリエでサシキさんの手でひとつひとつ丁寧につくられて
います。素材、縫製にこだわってつくられる帽子。
洋服をより引き立ててくれますよ。

お問い合わせ info@patina.com 092-791-9672

*終了致しました。ありがとうございました。

share patina

現代写真とカルチャーをつなぐ個人的ないくつかのキーワード

2011.05.14

5月の福岡の街は、デザイニング展を通して様々な場所でイベントや
ワークショップが開かれています。
急遽、今週末 東京で、デザイン/建築/写真などに関する執筆・編集を中心に
活動されている、加藤孝司さんをゲストに迎えて
「現代写真とカルチャーをつなぐ個人的ないくつかのキーワード」
と題したトークイベントを行う事になりました。
東京ではオペラシティギャラリーで「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー展」
も開催中です。加藤さんご自身が金沢・東京のホンマさんの個展の設営から密着された
写真なども交え、面白い話が聞き出せそうです。
かしこまらず、ゆっくりした雰囲気で楽しめればと思いますのでお時間のある方は、
是非お越し下さい。

日時:5月14日(土)20:00 スタート
入場料 ¥500 (1ドリンク付き)

「現代写真とカルチャーをつなぐ個人的ないくつかのキーワード」

現代写真の優れたもののいくつかは、90年代よりファッション、カルチャー、
音楽などと結びつき、ギャラリーやミュージアムを飛び越えて、雑誌やウェブ、
ZINEなどの表現媒体を横断し、近年現代アートと接続しはじめた。
そのころ、海の向こうがわのロンドンでは、ヴォルフガング・ティルマンスや
ホンマタカシ氏がモードとカルチャーを写真というメディアを使って、軽やかに
表現していた。ティルマンスとホンマ氏はそのコンセプチャルな手法から、
今や写真という枠をこえて、現代アートと評されているのは周知の通りだ。
その時代、僕たちの身のまわりには、消費中心のカタログ写真や表象的なだけの、
ファッション写真とは違うそんな写真たちが、「オリーブ」や「流行通信」
「H」、「スタジオボイス」、「リラックス」などの雑誌のページのなかに、
等身大のモードやインテリア、ライフスタイルのひとつとして確かにあった。
今回、個人的に現代アートやカルチャーと接続する現代写真のキーワードとして
選んだのは、「写真とポストモダン」、「ファッション、カルチャー、マガジン」
「決定的瞬間とニューカラー」、「コンテンポラリーアートとしての写真」など。
くつろいだ雰囲気のなかでスライドを見ながら行うトークイベントです。
「オリーブ」、「流行通信」、「ホンマタカシ」、「スタジオボイス」、「リラックス」
といったキーワードにピンとくる方であれば楽しめるイベントになると思います。
みなさんと一緒に現代写真と僕たちが好きなカルチャーについて考えてみたいと思います。

話者:加藤孝司

デザイン/建築/写真などの執筆・編集。
都市と建築をめぐる活動Hiroshima2020Design Charretteディレクター。
2010年より実験的なメディア実践のためのプラットフォームWHATEVER PRESSメンバー
として、レクチャーや選書などを行うBOEK DECKとして活動する。
1965年東京生まれ。

*終了致しました。ありがとうございました。

share patina

カプセルショー

2011.05.08

カプセルショー

そしてイベントのお知らせです!
今回、organさんの「よかモン」をこっそり移動させるというくわだて
を思いつきました。名付けまして「カプセルショー」。
PATINAという、いつもとは違う空間で見る陶器やガラス、
そしてオブジェクトが、いったいどんな表情をみせてくれるかとても
楽しみにしています。オープニングの日には、organのお二人を迎えて
トークショー「死ぬまで買付旅」を催します。
そして「買い付けお土産プレゼントじゃんけん会」も行います!
皆様のお越しをお待ちしております。

トークショー「死ぬまで買付旅」
PATINA 4月29日(金) 19:30 会場オープン 20:00 トークスタート 無料
話 : 武末充敏、武末朋子、泉美貴子
*狭い場所のため、事前にご連絡下されば幸いです。

*終了致しました。
ありがとうございました!

share patina

テキスタイル展

2010.11.22

テキスタイル展

少しずつ肌寒くなってきました。
首元に軽く巻くストールは必需品です。
フランスのデットストックのような風合いですが
実は久留米絣で織ったストール 肌なじみも気持ちがいいです。
少しのお散歩やお買い物用にと今回の為に、倉敷帆布と久留米絣を
組み合わせて作ったバック。
NYからPATINAでお取り扱いさせてもらっているdeck towel は
ビーチタオルでありながら、ブランケットやテーブルクロスなど
使い方は様々です。
tomotakeさんのコースターに、つちや織物所さんのランチョンマットなど
数は多くありませんが、PATINAらしいテキスタイルをご紹介致します。

*出張PATINAということで、今回はTRAMさんのご好意により
 スペースをお借りして小さな展示会を行います。
 2日間限りですが是非いらして下さい!

日時:2010年11月13日(土) 14(日)
時間:12:00~20:00
場所:TRAM  

*終了致しました。
ありがとうございました!

share patina

PATINA presents トモタケの泥染展

2010.07.05

PATINA presents トモタケの泥染展
2010.7.10(sat) – 7.18(sun) 11:00 – 19:00

opening party 7.10(sat) 19:00 start
drink : coffon live : lem 1drink¥500となります。
*お子様連れでも気になさらずお気軽におこし下さい。
*当日は作家の朝武さんも来られます。是非遊びにきて下さい。

7.14(水)警固のカフェ coffonが出張カフェに来ます。

トモタケ(朝武雅裕 朝武広子)は、東京のアトリエで、泥染、刺繍
パッチワーク等の技術を用い、布を主な素材とした創作活動をしています。
福岡で初めての展示では、お部屋の身のまわりの布雑貨の新作や定番の
商品を中心に、テキスライルパネルや1点もののフレーム作品も展示販売
致します。また、イイダ傘店とのコラボレーションによる日傘や
澤村木綿子氏とのコラボレーションによる花飾り、そして今回の展示会用に
制作したトモタケ×PATINAオリジナルTシャツも販売致します。
この機会に是非お越し下さい。

展示会場
SPACE iDE
福岡市中央区薬院2-16-16 ヘアサロン「iDE」2F

お問合せ
PATINA tel 090-5740-2308
mail info@patina-fk.com

share patina

exhibition report start!

2009.12.03

展示会情報をアップしていきます。
おたのしみに。

share patina

7 / 71234567

exhibition

Recent Exhibition Monthly Archive
Our Friends Follow Patina

Page Top