インド、手仕事の大地より

2015.05.18

インド、手仕事の大地より
インド、手仕事の大地より   2015.5.29(金)-6.7(日)@PATINA
インドの手仕事布ブランドCALICOと、インドベンガル地方で創作活動を続けるmakuより、カディコットン・ジャムダ二織りやインディゴ染めのワンピースやボトムス・ストールなど初夏に身につけたい洋服がPATINAに並びます。ぜひご覧になってください。皆様のお越しをお待ちしております。

*期間中の定休日は水曜日です。(通常は水曜、木曜が定休日です)

share patina

sashiki夏の麦わら帽子展

2015.04.06

sashiki
sashiki麦わら帽子展 2015年4月25日(金)〜4月28日(火)
福岡で5回目となりますsashikiの受注会です。今回もたくさんの種類の麦わら帽子をご覧頂けます。素材や、お好きなリボンを選び、カスタムオーダーで自分だけの帽子をお作り頂けます。メンズ、お子様サイズの麦わら帽子もご用意しております。皆様のご来店、心よりお待ちしております。

share patina

COOVA 綿と麻のファブリック

2015.03.06

0201_patina_COOVA_ƒIƒ‚ƒe
COOVA 綿と麻のファブリック 2015年3月20日(金)〜4月7日(火)
心地よく過ごすことを布で提案したいと考えるCOOVA。手織りと機械織りのあいだにあるような布に可能性を感じ、すべて国内の織物工場で織り上げられています。春の始まりにストールやスロー、クロスなど、綿や麻を用いた気持ちのよいファブリックがPATINAに並びます。ぜひお気に入りの1枚をみつけに入らしてください!

share patina

金沢の視点

2015.01.30

金沢の視点 at PATINA 
2015.2.20(金)- 3.10(火) 定休日 水曜日・木曜日
金沢で独自のお店をされています、Gloini、ENIGME、SKLO をおむかえして「金沢の視点」と題しました金沢展を開催致します。Gloiniからは、オリジナルアクセサリーや紙ものやビンテージアイテムなど、ENIGMEからは、日本の骨董や中国、韓国、ベトナム、ヨーロッパなどの器など。SKLOからは、オリジナルの白熱電球やアンティーク小物、チェコのガラス類などが予定されています。金沢という街の個性、三者の個性が金沢という街で育まれセレクトされたモノを福岡の皆様に見て頂ける事を嬉しく思います。どうぞお楽しみ下さい。どのような商品がくるのか、私自身も楽しみにしています。皆様のお越しをお待ちしております!

Gloini:金沢市中心部、長町のせせらぎ通り沿いにあるショップ&ギャラリーです。
小さな町家を改装した店内には、イギリスを中心としたヴィンテージファニチャーやヨーロッパ、アメリカから仕入れたアクセサリーや生活雑貨、書籍等が並んでいます。http://www.gloini.net/

ENIGME:中心地から犀川を越えた静かなエリアにお店を構え、器を中心に金沢在住の作家から全国各地の作家の作品、国や年代を問わない古道具や骨董を扱われています。新しいものと古いものをバランス良く取り入れ素敵なディスプレイにもセンスを感じるお店です。http://enigme.jp/

SKLO:チェコやドイツのアンティークの販売を中心に幾つかのオリジナルプロダクトも製作されています。SKLOの視点で見つけたチェコやドイツのアンティークは国内ではなかなかみることが出来ません。日常にアクセントを与えるものに出会えるお店です。http://www.sklo.jp/

share patina

CARTA PURA

2014.10.24

CARTA PURA
2014年11月14日(金)-12月9日(火)
ドイツ・ミュンヘンに拠点を置くステーショナリーカンパニー&ショップ Carta Pura(カルタプラ)。
カルタプラは、上質な紙(ファインペーパー)の輸入アイテム販売をおこなうほか、
手帳、ノート、カードなどのオリジナルのステーショナリーやセレクトアイテムをショップにて展開しています。 カルタプラのアイテムを集めた展示販売会を開催します。ファインペーパーをはじめ、ギフトBOXなどそれぞれの紙の魅力が出ているアイテムがPATINAに並びます。そして今回、カルタプラのアイテムをイラストレーターの山本祐布子さんが「身につける紙」でアクセサリーなどを制作してくださいます。
モノの魅力だけではなく、日常生活にも取り入れられるような、そんなファインペーパーの魅力を感じてください。カルタプラのペーパーでぜひクリスマスをお楽しみください。皆様の来店をお待ちしております。

share patina

彦坂木版工房「ルヴァン展」

2014.05.22

彦坂木版工房「ルヴァン展」
彦坂木版工房「ルヴァン展」  2014年6月14日(土)-29日(日)

彦坂木版工房は2010年に彦坂有紀ともりといずみが始めた木版工房です。日本の伝統工芸である「浮世絵」を現代の方々に知ってもらうために、全国をまわり木版画の普及活動を行っています。今回は日本の天然酵母パンの第一人者、甲田幹夫氏のパン屋「ルヴァン」のパンを描きました。木版特有の色ムラを活かして「パンの焼き目」を表現したり、彫刻刀の彫り跡をわざと残して「クープの裂け目」に見立てたりと、木版でしか出せない表情を用いてパンを美味しく描きました。素朴で力強い温かさの感じられる「ルヴァン」のパン。是非原画をご覧頂き、パンと木版画の魅力を感じてください。

【トークショーとワークショップについて】
春吉のTAGSTAさんで、ぱんとたまねぎさんをお招きしてトークショーと、ぱんとたまねぎさんのイラストを使った木版摺りの簡単なワークショップを行います。

日時:6月14日(土)14時~16時
定員:20名様
料金:2,000円(ルヴァンのパン、ドリンクつき)
会場:TAGSTA
住所:〒810-0003 福岡市中央区春吉1-7-11 1F

予約方法
info@hicohan.com までメールにてご連絡ください。
件名を「ルヴァン」とし、メールの内容に「お名前」と「電話番号」をご記入ください。
彦坂木版工房より追って振込先をお送り致します。
お振込頂いて予約を完了とさせて頂きます。

share patina

2 / 71234567

exhibition

Recent Exhibition Monthly Archive
Our Friends Follow Patina

Page Top